男性に多い、前髪の生え際後退の詳細

> 男性に多い、前髪の生え際後退

男性に多い、前髪の生え際後退

薄毛のことを全く気にしていない男性っているのでしょうか?今現在は薄毛になってはいないけど、いつ突然薄くなりだすか分かりません。そういう恐怖に怯えている男性は多いはずです。

一口に薄毛だハゲだと言っても原因はさまざまです。父親や祖父もそうだったという遺伝的なものもあれば、ストレスによる一時的な脱毛症もあるし、生活習慣の乱れが原因で進行するものもあります。それぞれの原因によって薄毛の症状の表れ方も異なります。特に男性の薄毛の症状として多いのが、前髪の額の生え際部分の後退なのではないでしょうか。このタイプの薄毛は、進行がとてもゆるやかです。全く気付かないまま徐々に抜け毛が多くなり生え際が後退していき、ふと前髪の生え際あたりに違和感を覚えるようになったころにはかなりおでこの面積が広い状態になってしまっている、といった具合です。このような生え際の後退をはじめとする男性型脱毛症、いわゆるAGAは早めの対策が肝心です。ある程度症状が進行してしまうと、市販の育毛剤によるケアはほとんど効果を発揮しなくなってしまいます。そうなれば、AGA専門の病院で治療をするしか手はなくなってしまいます。そうならないためにも、常日頃から生え際のチェックをするよう習慣づけることをおすすめします。

生え際のチェック方法として一般的なものは、眉毛の上から生え際までの間に指を何本並べることができるか調べるというものです。3本程度であれば正常なおでこ、4本以上並べられるようであれば少々広めのおでこということになるため、生え際の後退を疑った方がいいレベルです。ただし中には生まれつきおでこが広いという人もいるので、その場合は眉上から生え際までの長さを計測し、1か月ごとにその長さの変化を調べるようにするといいでしょう。

生え際の後退の原因は男性ホルモンの増加です。男性ホルモンの中には毛髪の成長を抑止する働きをするものがあり、それによって薄毛が進行するのです。これを防ぐ方法として、この男性ホルモンの発生を抑える効果のある「フィナステリド」や「デュタステリド」という成分の配合された育毛剤を使用して頭皮マッサージや生え際マッサージをするのが最適です。特にデュタステリドは脱毛抑止に高い効果を発揮します。デュタステリドは医薬品として病院で処方してもらうことができますが、5万円前後となかなか高価です。ただし、ほとんど同じ効果を持つジェネリック医薬品を1/10程度の価格で手に入れることができるので、お金に余裕がない…といった方はジェネリックのデュタステリド配合育毛剤を探してみるといいでしょう。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。