男性だけじゃない!女性にも起こる前髪の後退の詳細

> 男性だけじゃない!女性にも起こる前髪の後退

男性だけじゃない!女性にも起こる前髪の後退

薄毛というと、男性特有の症状だと思われている方も多いかもしれません。しかし決してそんなことはありません。女性でも、特に高齢になるにつれて髪の量やボリュームがなくなり、あと抜け毛が多くなって頭皮が見えるなどの薄毛に悩む方はたくさんいます。ただし、女性と男性の薄毛の症状、いわゆるハゲかたには微妙な違いがあります。男性の薄毛はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれており、症状としては、おでこの前髪の生え際が後退したり、頭頂部が薄くなり始め、進行するにつれて髪の毛の薄い部分が広がっていくというものです。一方、女性型の脱毛症は、髪の毛が細く、ハリ・コシがなくなっていくことで髪の毛の密度が低くなる状態になっていくというものです。男性のように額の生え際の後退が現れることはめったにありません。

しかし、まれに女性でも男性のような薄毛の症状が現れることがあります。それは、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。FAGAの原因として最も大きいものが、加齢によるホルモンバランスの乱れです。前髪の後退は、男性ホルモンの増加です。男性ホルモンの一種、テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンというホルモンに変質します。このジヒドロテストステロンが毛乳頭にあるレセプターと結合すると、毛髪の成長を抑制する働きをするようになります。この働きの影響を最も受けやすいのが前頭部であり、そのため男性ホルモンの増加が前髪の後退につながるのです。女性のホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンの分泌が活発になります。すると、女性でも男性と同じように前髪の後退といった症状が現れてくるのです。

前髪の後退を防ぐ一番の対処法・予防法は、ホルモンバランスを整えることです。イソフラボンやビタミンB6、DHA等女性ホルモンの分泌を整える効果のある成分を食事や薬で摂取するほか、ストレスを溜めない、食生活を改善したり生活習慣や生活リズムを整えるなどといった対策があげられます。重度の場合は婦人科での治療もおすすめします。

男性の前髪後退には、フィスナテリドを含む育毛剤を使う方法が効果的と言われています。しかし女性、特に今後妊娠・出産の予定がある女性はこのフィスナテリドは絶対に使用しないでください。フィスナテリドは女性に対する効果が認められておらず、その上妊娠中や妊娠の可能性のある女性、また授乳中の女性が服用すると、男の赤ちゃんの生殖器官などの正常な発育に影響を及ぼす副作用があることが確認されています。育毛剤を使ったケアをする場合には、プロペシアなどのフィスナテリドを含む製品は使用せずに、女性用育毛剤などを使用するようにしましょう。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。