前髪の後退は阻止できる!?の詳細

> 前髪の後退は阻止できる!?

前髪の後退は阻止できる!?

ある日突然始まる薄毛。ある時鏡を見ると頭頂部あたりの髪が少し薄くなってきたかなとか、おでこや額の部分が少し広くなったかなとか、シャンプーやドライヤーしているときにちょっと頭皮が見えるかな、髪型も決まりにくくなったなぐらいの感じから始まるのでしょうか。初めのうちはそれぐらいの小さな違和感だったのに、見た目が変わったり、理髪店や散髪屋の人に指摘されて、気付いたら取り返しのつかない状態にまで薄毛が進行してしまっていました、なんて事例も少なくありません。この薄毛の進行、阻止する対策や改善できる可能性はないのでしょうか?

一口に薄毛といっても、それにはさまざまなタイプがあります。頭頂部から薄くなっていくタイプや全体的に毛量が少なくなっていくタイプなど、それぞれのタイプによって原因も異なってきます。その原因によって、進行を阻止する方法も変わってきます。特によく見かける、前髪の生え際が後退していくタイプ、このタイプの薄毛の主な原因は男性ホルモンの増加と言われています。男性ホルモンの一種、テストステロンは、酵素である5αリダクターゼと結びつくとジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。このジヒドロテストステロンが髪の毛の毛乳頭の受容体と結びつくと、髪の毛の成長を抑制する働きをするのです。そのため、抜け毛が多くなったり髪が抜けやすくなる上、新しい髪の毛も生えてこなくなってしまうのです。このジヒドロテストステロンの影響が最も出やすいのが前頭部なのです。そのため、男性ホルモンが増えると前髪の毛が薄くなっていくのです。

この前髪の後退を阻止するには、男性ホルモンの変質を起こす5αリダクターゼの働きを抑止する必要があります。それに効果的なのが、「フィナステリド」と「デュタステリド」という成分です。どちらも5αリダクターゼの働きを抑止する効果がありますが、デュタステリドの方が脱毛症状を抑える効果が高くなります。5αリダクターゼにはT型とU型があり、フィナステリドにはU型を抑える働きしかないのに対し、デュタステリドはT型・U型両方に効果があるためです。そのため、前髪の後退を抑止するにはこのデュタステリド配合の育毛剤を使って頭皮マッサージなどのヘアケアするのがいいでしょう。デュタステリドを配合している経口の育毛剤にはアボダートというものがあります。これはイギリスのグラクソ・スミス社が販売している医薬品で、日本ではアボルブという名前で販売されています。こちらは病院で処方してもらうことができます。ただしアボルブは3か月分で約5万円と、なかなか高価な薬です。お金がかかりますね。そこでおすすめなのが、アボルブのジェネリック医薬品です。アボルブのジェネリック医薬品には、デュタスやデュプロストといった製品があります。どちらも価格はアボルブの約1/10程度と大変お得なのです。成分や効果はアボルブと変わりありません。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。