前髪の生え際後退の原因は?の詳細

> 前髪の生え際後退の原因は?

前髪の生え際後退の原因は?

多くの男性が悩まされている薄毛やいわゆるハゲですが、薄毛にはさまざまなタイプがあります。頭頂部から薄くなっていく人もいれば、全体的に毛量が減っていく人もいます。中でも特に多いのが、おでこの前髪の生え際部分が後退していくタイプです。それぞれのタイプによって、薄毛の原因も変わってきます。額の前髪の生え際あたりが後退していく原因として最も大きいものが、男性ホルモンの増加です。

男性ホルモンの一種、テストステロンは、酵素である5αリダクターゼと結びつくことによってジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。このジヒドロテストステロンが髪の毛の毛乳頭の受容体と結びつくと、髪の毛の成長を抑止する働きをするのです。そのため、髪が抜けやすくなるとともに新しい髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。特にこのジヒドロテストステロンの影響を受けやすいのが前頭部なので、生え際から薄毛が進行していくのです。

そしてもう一つの原因として考えられるのが、血行不良です。毛髪は血液に乗って流れてくる栄養や酸素を吸収して成長します。しかし血行が悪くなると、体の頂上にある毛髪にまで栄養や酸素が行き渡らなくなり、結果抜け毛が増えたり毛髪の成長が抑止されてしまうのです。血行不良を引き起こす要因はいくつかあります。例えば、喫煙をするとタバコに含まれるニコチンが毛細血管を収縮させるため、血流を悪くします。脂肪分や塩分、油分の多い食事は動脈硬化を進行させ血液の通り道を狭くします。そして過度のストレスは自律神経を乱し、筋肉の収縮を招きます。喫煙、偏った食生活、仕事・職場から受ける過度なストレスは20代から50代の男性の多くが習慣的に行っていることでしょう。

男性ホルモンの生成を抑制することは難しいですが、血行不良は生活習慣を改善したり生活リズムを整えることで防ぐことができます。まずは、脂っこい食べ物を控えて食事改善をしたり、禁煙をしたり、ストレスを溜めずに適度に発散できるようにしたりと普段の生活を見直してみましょう。あと睡眠をしっかりとることも重要です。合わせて、ジヒドロテストステロンの生成を抑える効果のある育毛剤などを使用して育毛対策をすれば、抜け毛改善が見られたり前髪の後退を最小限に抑えることができるでしょう。もしそれでも抑止することができなければ、AGAの専門医にかかって治療することをおすすめします。AGA治療は早期であればあるほどその効果が大きくなります。AGA専門病院は、全国に多数存在します。病院の公式ホームページやインターネットの口コミ、評判をチェックして、自分にあったAGA専門の病院を見つけましょう。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。