前髪の後退の確認方法の詳細

> 前髪の後退の確認方法

前髪の後退の確認方法

薄毛に悩む人の多くが、薄毛の始まりは前髪の生え際あたりの後退だと話します。しかし、生え際部分の後退といっても元々額の広い人もいますし、自分では後退してきているのか、判断がしずらい部分ですよね。そこで、薄毛による前髪の生え際後退を確認する方法をご紹介します。生え際後退の確認方法には、基準となるものが二つあります。

・ハミルトン・ノーウッド分類
ハミルトン・ノーウッド分類は、アメリカの医師ハミルトンとノーウッドによって策定されたもので、男性型脱毛症(AGA)を薄毛の進行度合いによってパターンTからZまで分類したものです。この分類法では、耳の一番高い部分からまっすぐ上に伸ばした線が頭頂部に達したポイントから、生え際までの距離を測ります。その距離が2cm以下の場合にはAGAだと認定されます。ただしこれは、すでにある程度AGAが進行しているという認定なので、ここまで行くと市販の育毛剤では治療が難しく、専門の病院でAGA治療が必要になるレベルです。

・おでこのシワをチェック
眉毛を上に引き上げて、おでこにシワを寄せます。一番上のシワと前髪の生え際との隙間を確認します。頭皮にはシワはできないので、シワができているところがおでこ、できていないところは頭皮ということになります。つまり、シワと生え際までの隙間が広いほど薄毛が進行しているということができます。一般的に、30代から40代ではシワと生え際までの間に指1本分くらいの隙間が空いているのは普通のようです。それ以上空いているのであれば、薄毛の進行を疑った方がよさそうです。

AGA対策は、早めに始めることが肝心です。進行が進んでしまうと、治療をしても期待するような効果が得られなくなってしまいます。ハミルトン・ノーウッド方式はあくまでも、薄毛の認定に使用されるものです。そのため、ハミルトン・ノーウッド方式でAGA認定が出てしまってからではすでに対策には遅い可能性もあります。そのために、少しでも薄毛が疑わしくなったらすぐにおでこのシワをチェックしてみましょう。シャワーで洗髪をした後やドライヤーでせっとするときに鏡で見た目や髪の量やボリュームをチェックしたりして、変化を感じたらすぐにおでこのチェックを始めましょう。

薄毛の対策には、バランスの良い食生活を心がけたり十分な睡眠をとったり生活環境を整えることも大事ですし、市販の育毛剤で頭皮マッサージをしたりや育毛シャンプーを使う、薬を飲む方法もありますが、より確実に効果を出すならAGA治療の専門病院にかかるのがおすすめです。AGA治療専門病院は全国に数多くあります。どのような病院に通えばいいか悩んだときには、インターネットの口コミや評判を確認して、自分に最適な病院を選ぶようにしましょう。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。