前髪の真ん中から後退する悩みは改善できるの詳細

> 前髪の真ん中から後退する悩みは改善できる

前髪の真ん中から後退する悩みは改善できる

前髪が後退するタイプには大きく分けると2種類があります。U字型と呼ばれるタイプは、おでこの真ん中から左右に円を描くように髪の毛が後退するタイプです。後退が進んでしまうと前髪ではカバーするのが難しいので、気になったら早い段階での処置が必要です。もうひとつはM字型とよばれるもので、後退性の薄毛で多いタイプです。おでこの生え際の左右が少しずつ後退してM字のようになるのですが、真ん中に髪の毛が残ってしまうことがあります。M字型に後退する理由として、おでこから生え際にかけては頻繁に動かす部位ではないので、皮膚が硬く血行が悪くなりやすいということがあります。これを回避するには、生え際をマッサージして血行を促すのが効果的です。

この他には、生え際には毛細血管の数や量が少ないので栄養が届きにくいという理由と、皮脂の分泌が多いという理由があります。改善するには頭皮のマッサージや皮脂のつまりの改善などがありますが、髪の毛が後退するには他にもいろいろな理由が合わさっていることが多いので、スポット的に育毛剤を施すなどしてその部分の状態だけを改善するのでは、根本的な育毛にはつなげられません。生活習慣や食生活、会社や学校でのストレスなど原因と考えられることをひとつずつ洗い出して検証し、解決することも必要です。

髪の毛はストレスの影響を最も受けやすい部位なので、自分では何でもないと思っていることでも、髪の毛は敏感に反応していることがあります。部分的に薄毛になったり、白髪になったりするのはその反応のためです。ストレスフリーの生活を心がけるとともに、タンパク質やビタミンなどの栄養バランスが整った食事をすることも効果があります。タンパク質は動物性だけでなく植物性も取り入れるようにし、ビタミンとその吸収を助ける亜鉛を同時に取り入れることが効果的です。もちろん育毛剤やサプリメントなどで積極的なケアを行うことも無駄ではありませんが、ある程度の期間、継続して行う努力が必要です。

もう少し早く確実に育毛効果を実感したいのであれば、医療機関での治療がオススメです。AGA治療は男性型の薄毛を改善する方法で、専門医が診察をした結果をもとに患者の症状に合わせた処方箋を書いてくれますので、薬が効きやすいという特徴があります。AGA治療の専門医なら同様な悩みを抱えた人ばかりが来院していますので、恥ずかしい思いをすることがありません。確実に効果を実感している人が多くいますので、自己判断で改善策を模索するよりも早く効果が得られます。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。