短髪なのに前髪後退に気が付いたときの改善方法の詳細

> 短髪なのに前髪後退に気が付いたときの改善方法

短髪なのに前髪後退に気が付いたときの改善方法

ずっと短髪で頭皮に負担をかけない髪型をしていたのに、前髪のはえぎわ部分が後退してくる状態になることがあります。髪の毛にハリや勢いがなくなったり、分け目が気になるなど自分自身で自覚するようになることもあるでしょうし、親や周りの人、美容師さんから指摘を受けることもあるでしょう。見た目の印象が変わると人の目も気になりますよね。気が付いたときから対策をとることで悪化を防げます。最もてっとり早い方法は、生活習慣の見直しです。朝寝坊、夜更かし、徹夜など不規則な生活は体だけでなく頭皮にも悪影響を及ぼします。良質な睡眠は健康に大きく貢献しますが、特に午後10時から午前2時の間は美容や健康にとってゴールデンタイムと言われていて、成長ホルモンの活動が活発になっています。ダイエット、美肌、健康などに良い影響を及ぼすので、熟睡していることが大切です。頭皮についても同様で、毛母細胞の働きが活発になり髪の毛の成長が促される時間帯です。このことから、ゴールデンタイムには眠りについているように心がけることで前髪の後退の悪化の予防につながります。

食事の工夫をするだけでもおでこや額の生え際や前髪の後退の悪化を防ぐ効果があります。髪の毛はケラチンというタンパク質が主成分です。短髪であっても髪の毛の成分は同じですから、しっかりとタンパク質が摂取できるような献立を考えて栄養摂取することが大切です。ただしタンパク質をやみくもに摂取していいかというとそうでもありません。タンパク質は肉類に多く含まれていますが、それでは動物性の脂質も同時に多く摂取することになります。動物性の脂質は体内で酸化しやすく活性酸素が発生しやすくなるので、健康な髪の毛の成長を逆に妨げることにもなりかねません。大豆製品や乳製品などにもタンパク質は含まれていますので、バランスよく取り入れるように常に意識することが重要です。

タンパク質だけではなく、他にもビタミンや亜鉛が必要です。ビタミンは野菜や果物に多く含まれていますが、特にビタミンB群・Eを多く含む青魚、ナッツ類を食生活に取り入れると効果的です。さらに、カキなどの魚介類に多く含まれる亜鉛も大切です。これらがバランスよく含まれた食生活を意識することで、健康的な髪の毛を作ることができます。しかし、食生活の改善を試みても結果を実感できるまでには少し時間がかかります。同時進行で、ストレスを減少させたり、シャンプーで毛穴の汚れを取り除いて育毛しやすい環境を整え、育毛剤を使用してのマッサージで頭皮ケアをすることで頭皮の外側からも栄養を与えると相乗効果でしっかりとした髪の毛が生えやすくなります。もう少し積極的に短髪の前髪後退を改善するのなら、病院でのAGA治療という方法があります。男性特有の脱毛に対する医学的な治療となりますので確実な効果が実感できます。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。