前髪が産毛化して後退を始めたら早期に対処が必要の詳細

> 前髪が産毛化して後退を始めたら早期に対処が必要

前髪が産毛化して後退を始めたら早期に対処が必要

普段はじっくりと鏡を見ることがなくても、ふとしたはずみで自分の顔を見たら前髪の生え際あたりがおかしい、と感じることがあります。おでこ付近や額部分にかかる髪の毛がふわふわと産毛のようになっていて、おでこが広くなっていたら、ひどくなる前に改善策を講じることが必要です。特に、普段は帽子やヘルメットなどをかぶっているような人は気が付きにくく、前髪に手をかけた時に心もとないと感じて初めて自分の状態を知ってため息をつく人は多いです。決して帽子やヘルメットばかりが原因ではなく、加齢によって育毛力が弱っているのかもしれませんし、仕事のストレス、頭皮のつまり、ホルモンバランスの乱れ、食生活など様々な要因が考えられます。気が付いたときが改善のチャンスです。遅すぎるということはありませんので、原因を突き止めて適切な対処方法を選び、回復を目指すことが大切です。

前髪が産毛化する原因の多くは、ストレスや食生活の乱れによるジヒドロテストステロンの過剰生成であるといわれています。略称でDHTと書くこの成分はAGA(男性型脱毛症)の主原因です。頭皮に多量の皮脂を発生させるはたらきを持っているので、毛穴のつまりの原因となります。毛穴がつまった状態が長く続くと、髪の毛が育毛しにくくなるために産毛しか生えてこなくなります。このような理由から、前髪が完全に後退しているのではなくまだ産毛で残っている状態ならば、育毛力が完全に消失したわけではないので、毛根に栄養を補給したり、毛穴のつまりを改善する対策をとることで力強い発毛力や育毛力が戻ってくる可能性があります。

前髪の後退や産毛化は祖父も父も薄毛でハゲだったから家系だし遺伝だからとあきらめている人もいますが、頭皮の悩みは改善が可能です。簡単に言えばDHTの過剰生成を抑制すれば良いので、生成を抑制する成分を配合した育毛剤を使用すれば効果を得られます。多くの製品が販売されていますので、購入前に成分をしっかりと確認することが大切です。養毛剤は医師の処方箋や薬剤師の説明が必要な第一種医薬品がほとんどです。薬剤師は使用する製品の特徴、副作用の説明やアドバイスや質問には回答をしてくれますが、医師ではありませんので診断はできません。確実な方法で改善をめざすのなら、AGA治療を行っている病院などの医療機関で診療を受けるという治療法があります。AGA治療は男性に特有の脱毛を改善できる方法です。市販の養毛剤で効果が出なかった人でも、専門家の診断なら確実な改善方法が見つかりますので、産毛化して後退した前髪も元の状態に戻すことは夢ではありません。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。