男性型脱毛症対策は食事からの詳細

> 男性型脱毛症対策は食事から

男性型脱毛症対策は食事から

前髪の生え際部分の後退や頭頂部の抜け毛など、男性に良くみられる薄毛の症状は男性型脱毛症の可能性があります。この男性型脱毛症、いわゆるAGAの最も大きな原因は男性ホルモンです。男性ホルモンの一種、テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合することによって変質するジヒドロテストステロンというホルモンが、毛髪の毛乳頭に作用することによって髪の成長を妨げる働きをしておでこや額の後退やM字型やU字型のハゲになっていくのです。

男性型脱毛症の対策方法には、初期脱毛の段階であれば5αリダクターゼの働きを抑える効果のある育毛剤を使用して頭皮や生え際マッサージによるヘアケアをしたり、かなり進行した状態になればAGA専門の病院で治療を受けるのが最も効果的です。しかし、男性型脱毛症の原因は男性ホルモンだけではありません。生活習慣や食生活の乱れによって髪の成長が妨げられ、それによって薄毛がより進行してしまうのです。どんなに効果的な育毛剤を使用しても、高度なAGA治療を受けたとしても、煙草の量が多いと毛根の血流が悪くなり絶食してダイエットしたり偏った食べ物だけを摂取するなど食生活や生活環境が乱れていてはその効果は半減してしまいます。薄毛対策には、育毛剤や治療を受けるとともに生活習慣、食生活を改善して毛髪の成長を促進させることが重要です。

では、毛髪の成長に効果的な食事とはどのようなものでしょうか?髪の毛に必要な栄養素を以下にご紹介します。

・亜鉛
亜鉛は、食事から摂取したタンパク質を、毛髪を構成するケラチンに変化させる働きがあります。亜鉛が不足すると、ケラチンが作られなくなってしまうため、いくら髪にいいものを食べてもそれを髪の成長に結びつけることができません。亜鉛を多く含む食品は、アボカドやピーナッツバター、抹茶などです。亜鉛は食物繊維や緑黄色野菜と一緒に摂取すると体内へ吸収されにくくなってしまいます。逆にビタミンCやクエン酸と一緒に摂取すると吸収率がアップします。

・タンパク質
タンパク質は亜鉛によってケラチンに変化させられ、髪の毛の栄養分となります。特にアミノ酸を含むタンパク質は効率よく髪の毛の栄養となります。大豆製品や牛乳を積極的に摂取するようにしましょう。

・ビタミンB群
ビタミンB1、B2などといったビタミンB群は、毛髪の新陳代謝を活発にし成長を促進させたり、ケラチンの生成を促進させたりする作用があります。B1は胚芽米や玄米、B2は納豆やレバー、B6はまぐろ刺身やバナナ、B12は牛や豚レバーに特に豊富に含まれています。

これらの食品を積極的に摂取することによって、薄毛の進行を抑え育毛剤や治療の効果をより高めることができます。しかし、毎食これらの栄養素を豊富に含んだ食事にするのは難しいと感じるという方もいるかもしれません。そういった場合には、普段の食事にサプリメントでこれらの栄養を補うようにするものいいでしょう。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。