前髪の後退に効くサプリメントの選び方の詳細

> 前髪の後退に効くサプリメントの選び方

前髪の後退に効くサプリメントの選び方

年齢関係なく、薄毛に悩む男性は少なくありません。毛量にボリュームがありフサフサな感じだったのに、自分でも気が付くとおでこの部分や頭頂部がさみしい状態になってきたという実感を持つ人もいるでしょう。中でも多いのが、前髪の生え際がU字型やM字型に後退していくタイプの薄毛なのではないでしょうか。このタイプの薄毛の原因となるのが、男性ホルモンです。

男性ホルモンの一種、テストステロンは、酵素である5αリダクターゼと結びつくとジヒドロテストステロンというホルモンに変換されます。このジヒドロテストステロンが髪の毛の毛乳頭の受容体と結びつくと、髪の毛の成長を抑制する働きをするのです。そのため、髪が抜けやすくなる上、新しい髪の毛も生えてこなくなってしまうのです。このジヒドロテストステロンの影響を最も強く受ける場所が前頭部、つまり前髪の生え際なのです。

この生え際の後退を防ぐ最も効果的な育毛法は、5αリダクターゼを抑止する効果のあるフィナステリドやデュタステリドといった成分の配合された医薬品を服用することです。しかしフィナステリドやデュタステリド配合の医薬品は、効果が大きい分価格も高く、中には数万円するものもあります。さらに、性欲の減退や勃起不全、精液の減少の可能性があるなどといった副作用も報告されています。薄毛対策は長期間継続することが大切ですが、このような医薬品を長期間使用し続けるのは、経済的にも肉体的にも難しいという人もいるかもしれません。そこで、もっと安全で、かつ気軽に実施できる生え際の薄毛対策としておすすめなのが、育毛効果のあるサプリメントを購入して摂取することです。サプリメントの中にも、ジヒドロテストステロンの生成を抑止する働きのある成分が含まれるものがあります。育毛サプリメントとして必要な成分は、以下のようなものです。

・亜鉛
・ノコギリヤシ
・イソフラボン
・フィーバーフュー
・ビタミンC
・ビタミンB群

亜鉛には、食品から摂取したタンパク質を、髪の成長を助ける成分に変化させる働きがあります。体内に亜鉛が不足するといくらタンパク質を摂取しても髪の毛の成長につなげることはできません。また、イソフラボンには毛乳頭に働きかけて毛周期を延長させ、髪の毛を抜けにくくする効果があります。ビタミンCには、髪の毛の原材料であるコラーゲンの生成を促したし、抜け毛・薄毛の原因となる頭皮の老化を防いだり、代謝を促進して髪の毛の成長を助ける働きがあります。ビタミンB群には、細胞の生成を助け、頭皮や髪の毛の健康を維持する働きがあります。育毛サプリメントで薄毛対策をするには、上記のような、薄毛の進行を抑制する働きのあるものと、育毛を促進する働きのあるもの、両方を摂取するようにするのが最も効果的です。サプリの効果を最大限に生かすためにもバランスのとれた食事をとるように心がけましょう。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。