AGA対策でよく聞くプロペシアやフィナステリドって何?の詳細

> AGA対策でよく聞くプロペシアやフィナステリドって何?

AGA対策でよく聞くプロペシアやフィナステリドって何?

多くの男性が悩まされている、前髪の生え際の後退をはじめとする男性型脱毛症、いわゆるAGA。つい最近まではフサフサの髪の毛だったのに、気が付くとおでこや額が後退してきてこのままだとハゲでしまうのではないかと心配している人いますよね。AGA対策としてまず最初に思い浮かぶのは、育毛剤ではないでしょうか。AGA対策には、一般的にプロペシアという経口の育毛剤を購入して頭皮マッサージをする方法がよく用いられます。プロペシアには、フィナステリドという成分が配合されています。フィナステリドには、抜け毛を防ぎ薄毛の進行を抑える働きがあります。

AGAの原因のうち、最も大きなものは男性ホルモンです。男性ホルモンの一種、テストステロンは、酵素である5αリダクターゼと結びつくことで、ジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。このホルモンは、毛髪の毛乳頭のレセプターに結合すると、毛髪の成長を抑止する働きをします。そのため、髪の毛が抜けやすくなる上、新しい髪の毛が生えてこなくなり薄毛となるのです。フィナステリドは、この5αリダクターゼの働きを抑えることでジヒドロテストステロンの生成を抑制し、薄毛の進行をとどめる効果があります。AGA専門病院や医院、AGA治療を行っている一般病院の皮膚科や内科でも、まずはこのフィナステリドがお医者さんから処方されることが多くなっています。

しかし、フィナステリドだけではAGAの進行をとどめることはできても発毛を促進させることはできません。発毛促進には、ミノキシジルという成分が効果的です。ミノキシジルは本来血管拡張剤として開発されましたが、血管拡張による血流の改善効果で頭皮に十分な栄養が行き渡るようになり、結果発毛効果が表れることから薄毛進行を止めるだけでなく発毛剤としても利用されています。このミノキシジルが配合されている製品には、大正製薬から発売されているリアップがあります。

フィナステリドはU字型の薄毛には効果がありますが、M字型には効きません。なぜなら、U字型脱毛とM字型脱毛では原因となる5αリダクターゼの種類が異なるからです。U字型脱毛の原因となるのは5αリダクターゼU型と呼ばれるもので、M字型脱毛の原因となるのは5αリダクターゼT型です。そしてフィナステリドは5αリダクターゼU型にしか効果がありません。M字型脱毛を抑えるためには、デュタステリドという成分を使う必要があります。デュタステリドは、アボダートという製品に含まれます。ただしアボダートは非常に高価なので、金銭的にちょっと厳しい…という方は、アボダートのジェネリック医薬品であるデュタスを使うのがいいでしょう。成分は同一で、価格はアボダートの1/4程度です。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。