AGA対策のための病院の選び方の詳細

> AGA対策のための病院の選び方

AGA対策のための病院の選び方

前髪のおでこの生え際の後退や頭頂部の抜け毛など、男性型脱毛症、いわゆるAGAに悩んでいる人、気にしている人はたくさんいます。中にはストレスを軽減するようにしたり食事に気を付けで生活習慣や生活環境の改善を行ったり育毛剤を使用するなど、自分でできるあらゆる対策を試してみたけれど、一向に薄毛の進行を止めることができずに鏡を見て途方に暮れているという方もいらっしゃるでしょう。自分でできる対策にもはや打つ手なし、となってしまったら、残る手段は病院や医院での治療法です。脱毛症も立派な疾患ですから、当然病院で治療することができます。でもいったいどんな医療機関の何科にかかればいいのでしょうか?

AGAの治療は、皮膚科、内科、美容皮膚科の分野になります。ただし、皮膚科や内科、美容皮膚科のある病院であればどこでもAGA治療や診断を行っているとは限りません。病院を選ぶ際には、事前にAGA治療を行っているか確認する必要があるでしょう。また、これらの他にAGA治療を専門的に行っている病院もあります。専門病院とそれ以外の病院では、治療方法や効果、費用に若干の違いがあります。専門病院では、定期的に問診や視診、触診による診察を行い、医師が処方した薬の効果判定を行います。まずはフィナステリドが処方され、経過具合によってミノキシジルや抗炎症剤が追加で処方されます。初回と3か月、または6か月ごとに血液検査や血圧測定を行い、薬の副作用等の検査を行います。一般病院の皮膚科、内科、美容皮膚科では基本的に診察や効果判定は行わず、フィナステリドのみを処方されることが多くなっています。専門外来は検査を行うため安全性が高く、きめ細やかな診察によってより発毛効果を高めることができますが、その分お金も高くなり定期的な通院も必要になります。一方一般病院の治療では、発毛効果は期待できませんが、費用は専門病院の半分程度と安く、通院間隔も3か月から6か月おきとそれほど負担になりません。

そもそも専門病院と一般病院の皮膚科、内科、美容皮膚科では治療目的が異なっています。一般病院ではAGAの進行を抑えるのが最大の目的であるのに対し、専門病院はAGAの進行を抑えつつ発毛を促進するのが目的となります。そのため、このように治療方針に差があるのです。病院を選ぶ際は、まずは発毛なのか薄毛の進行を止めることなのか、目標をはっきりと定めて専門病院か一般病院かを選びましょう。また、専門病院でも一般病院でも、病院によって細かい治療方針は異なります。治療メニューや費用、治療に用いる設備など、病院のHPやインターネット上の口コミや評判をしっかり確認して、自分に合った病院を見つけましょう。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。