働き盛りの40代の悩みの上位にある前髪の後退の詳細

> 働き盛りの40代の悩みの上位にある前髪の後退

働き盛りの40代の悩みの上位にある前髪の後退

シャンプー時に抜け毛が増えたと感じたり、枕に抜け毛が多く残るようになったという悩みを抱えている40代は多いです。睡眠不足、食生活の乱れはメタボリックシンドロームだけでなく前髪の生え際部分の後退の進行原因にもなります。もちろん、加齢による老化も原因としてあげられます。このような外的な要因だけでなく、あと仕事や人間関係によるストレスも大きな原因となっています。たかが髪の毛と考える人もいますが、されど髪の毛です。あるとないとでは印象にも大きくかかわってきますし、髪のボリュームや毛量が減少していることを気に病んでしまう人もいます。深刻な悩みになる前に、原因を突き止めて早めに対処したり予防策をとることが大切です。

40代の男性の場合、もっとも大きな原因と考えられるのはホルモンの働きです。ドラッグストアなどには数々の育毛剤が販売されています。薬には第一種医薬品と第二種医薬品があります。たとえば頭皮の状態を改善するシャンプーなどは気軽に購入できますが、育毛剤は特殊な成分が配合されていることから、医師の処方箋や薬剤師からの説明が必要な第一種医薬品がほとんどです。成分によって効用が異なりますし、原因がはっきりとわかっていなければ購入したものを使用しても効果を得られない可能性もあります。効果が高いとされている育毛剤は決して安いものではありませんので、症状の把握と成分の確認をすることが大切です。

育毛にはタイプによって複数のホルモンがかかわっています。男性の前髪の生え際あたりが後退する要因のひとつとして、ジヒドロテストステロンの過剰生成があります。これは男性ホルモンの中にある物質と、ある種の酵素が結合することによって発生するメカニズムが確認されています。育毛剤を選ぶ場合には、ジヒドロテストステロンの生成が抑制できる効果があるかどうかで選ぶことがポイントとなります。しかし、40代の前髪後退がすべてホルモンにあるということでもありません。そのため、100%の効果が出ることはあり得ません。また、女性と男性とでは薄毛の仕組みが異なっていますので、必ず症状にあったものを選ぶことも大切です。

中にはシャンプーで頭皮を清潔にするだけで改善される人もいますし、食生活に気を付けてストレスフリーの生活を心がけるだけで改善できることもあります。確実に前髪後退を改善するには、原因の究明が必要と言えます。しかし、40代ともなると様々な要因が重なっていますので、自己流の判断だけでは納得できる改善が得られないことが多くなります。その場合には、AGA治療を行っている病院を受診してみるとよいかもしれません。はっきりとした原因を究明できることで適切な対処方法を指導してもらえますので、改善している人が多いです。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。