30代でも前髪の後退が始まる可能性と対処法の詳細

> 30代でも前髪の後退が始まる可能性と対処法

30代でも前髪の後退が始まる可能性と対処法

社会人としてやっと自分のスタンスが決まり始めるのが30代ですが、そのタイミングで前髪生え際部分や額・おでこの後退が始まる人がいます。毎日鏡とにらめっこをする時間の余裕がないことから、気が付いたときにはかなり毛量や紙のボリュームがなくなるなどの症状が進行していたということも少なくありません。また、自分では変化に気づいていなくても、久しぶりに会った友人に薄毛を指摘されて初めて気が付くというケースもあります。前髪の後退を食い止めたり進行速度を遅めるための改善をとるのは、できるだけ進行が早めの段階であることが大切です。症状が始まったのが30代だとすれば気が付いたときがチャンスです。

まず、前髪の生え際あたりが後退するにはいくつもの原因があります。特に30代は体内の細胞の老化が始まる時期です。女性の多くはエイジングケアを開始していますから、男性も同様なケアを開始しても早すぎるということはありません。寝起きがスカッとしない、徹夜がつらい、疲れが残りやすいなどの症状に心当たりがあれば、すでに老化が始まっているのかもしれません。髪の毛はタンパク質でできていますが、ある種のホルモンの成分も必要です。これは女性ホルモンと同様の働きをするもので、男性の体内にもあるものです。これが何らかの原因で低下すると、前髪の後退にも影響します。

ホルモンの低下などは、生活習慣や生活リズム、食生活の乱れによって引き起こされることが多いことが知られています。たとえば睡眠不足などはその一例です。30代はそろそろ会社でも重要な仕事を任せられる世代ですから、早朝から深夜まで多忙な日々を過ごしている人は多いです。睡眠は人間の体を作るためにはとても重要です。特に午後10時から午前2時くらいの間に熟睡できている人は、体調が整いやすいといわれています。この時間には良質なホルモンが生成されやすく、メタボ改善にも効果的なホルモンの生成もされています。土日に寝だめをするから大丈夫というのは大きな間違いで、睡眠は毎日の積み重ねが大切です。

あと、体調に不安がない30代で前髪の後退が気になる場合には、頭皮の状態が悪くなっている可能性もあります。髪の毛には毛サイクルがあり、寿命があります。誰でも抜け毛はあるのですが、再生力が低下していると育毛力が追い付かなくなります。改善するためには、頭皮を清潔にして新陳代謝力をアップさせるのが効果的です。専用のシャンプーやリンスを使用して、マッサージしながら頭皮ケアをすることで改善効果が見込めます。あらゆる手段を講じても改善が見込めない場合には、病院でのAGA治療という方法もあります。病院ならはっきりとした原因を突き止めることができるので、的確な対策を行うことができ、かなりの確率で改善できます。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。