20代からのAGA対策の詳細

> 20代からのAGA対策

20代からのAGA対策

男性に多い薄毛の悩み。薄毛というと40代以上の中年から高齢の方がなるもの、というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか?しかし前髪の生え際の後退や頭頂部の薄毛などの男性に特有の薄毛、いわゆる男性型脱毛症(AGA)は、実は20代の後半から発症することが多いのです。その理由は、男性型脱毛症の原因にあります。

男性型脱毛症にはいくつかの原因がありますが、そのもっとも大きなものは男性ホルモンです。男性ホルモンの一種、テストステロンは酵素である5αリダクターゼと結びつくと、ジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。このジヒドロテストステロンが、髪の毛の毛乳頭の受容体に結合すると、髪の毛の成長を阻害する働きをするようになるのです。そのため、髪の毛が抜けやすくなる上、新しい髪の毛が生えてきにくくなり、薄毛となるのです。そのため、特に男性ホルモンの働きが活発になる20代後半から30代が、AGAの発症率が最も高くなるのです。

また、近頃は男性でもハードワックスやワックスなどの整髪料を使って髪の毛をセットしたり、シャンプーやリンス、トリートメントを使ったヘアケアをしている人が増えています。これがさらに薄毛を進行させる原因となっていまうのです。整髪料がしっかり洗い流せていないと、毛穴に詰まって頭皮を傷めてしまいます。シャンプーやトリートメントもシャワーで十分にすすぎができていないと同じように毛穴を詰まらせてしまいます。あとシャンプーでの洗い方も大切で、いきなりシャンプーを地肌につけるのではなく、手に取って泡立ててから髪の毛を洗いましょう。また、シャンプーの成分によっては、頭皮にダメージを与えてしまうものもあるので注意してください。

生活習慣や食生活の乱れも薄毛の進行につながります。生活習慣の乱れは血管を収縮させ、血流を悪化させるため、頭皮に十分な栄養が行き渡らなくなり、髪の毛の成長を阻害してしまいます。そして偏った食生活は亜鉛やタンパク質、ビタミンB群など、髪の毛の成長に必要な栄養が不足させます。

このように、AGAはさまざまな要因で発症してしまいます。そして、ある程度薄毛が進行してしまうと再び豊かな髪の毛を取り戻すことはかなり難しくなってしまいます。しかし、まだ髪の毛の成長が盛んな20代のうちから対策をしておけば、薄毛の進行を止めて頭皮を正常な状態に回復させることも可能です。AGAの対策は、病院での治療や育毛剤を使った方法だけでなく、睡眠を十分にとったり生活リズムを整えたりバランスのとれた食事をこころがけるなど、ちょっとした生活習慣の改善からでも行うことができます。自分で生え際あたりがちょっと後退してきた?おでこや額が広くなってきた?抜け毛の量が増えた?これって初期脱毛?など、少しでもAGAの兆候を感じたら、すぐに対策を始めるようにしましょう。


運営者プロフィール
ヨースケ画像
名前 ヨースケ
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 入れた記憶の無いソリコミが年々深くなっていくことに目を背けていたが、 このままでは本気でヤバイとハゲ対策に本気になる。その甲斐あり、 以前よりもだいぶとマシになりました。